読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早坂有生のYALE

2016年にYale(イェール、エール)大学に学部生として入学した日本人、早坂有生のブログです。大学での出来事やアメリカ大学出願のことなどについて書いていきます。

YALEのヒミツー食事編

先週はどの授業も初回ということで、本題には入らずイントロだけだったのですが、今週からは本格的に授業が始まりました。今日のセミナー形式の授業では話についていくのが精一杯で、なかなか発言できなかったので、もっときちんと予習をして、教授に個別に会いに行って質問もして、頑張っていきます。

今回はYaleでの食事について紹介したいと思います!アメリカの食事と聞くと、、野菜がない。米が不味い。ハンバーガー。ポテトチップスは野菜。そんなイメージです。しかし!意外とそんなことはありませんでした!

Yaleは12個の寮ごとに食堂があり、学生はそのどの寮でも食べることができます。どこもビュッフェ形式で、好きなものを好きなだけ1日3食まで食べることができます。実は寮ごとにも朝に温かい食べ物があるかないか、ピザ釜があるかないか、アジア料理があるかどうかなど格差があり、僕が属していて一番よく行く寮Calhounは料理に関してはワースト3と言われています。。。それでも美味しいので!朝と昼夜に分けて紹介していきたいと思います。

朝食

毎日基本的に大まかなメニューは変わりません。ポテト、スクランブルエッグ、果物、パン、ケーキ、ヨーグルト、シリアル、グラノーラ、ドリンクバーなどがあります。僕は基本的に毎日ポテトとYaleオリジナルブレンドのグラノーラとホットコーヒーです。たまにバナナも食べます。時間がないとグラノーラのみになります。
↓だいたいいつもこんな感じです。
f:id:yukihayasaka:20160908000626j:plain

昼夜食

昼と夜はだいたい同じようなメニューですが、おかずの内容が変わります。サラダバー、スープ、マカロニ、ドリンクバー、ケーキ、果物はいつでもあり、スープは種類が日によって違います。あとは鶏肉、ハンバーガー、餃子、豆、米、など日によって違うものが出されます。寮によってはピザがあります。
↓昼夜は野菜もたくさん食べられます。写真を撮るのを忘れていることに途中で気づき撮ったので食べかけです。。
f:id:yukihayasaka:20160908000648j:plain

以上、食事紹介でした!今のところ、想像していたより健康な食生活を送ることができています。日本食もあまり恋しくならないです。でもまだ新生活は始まったばかりなので、日本から持ってきたカップ麺や電子レンジで温めるタイプのご飯やカップ焼きそばもいざという時のために大切に保管してあります!では!