早坂有生のYALE

2016年にYale(イェール、エール)大学に学部生として入学した日本人、早坂有生のブログです。大学での出来事やアメリカ大学出願のことなどについて書いていきます。

それは、血を吐き続ける悲しいマラソン、或いは人類の歴史。

きっかけは思い返せばあの事件だった。いや、事件と呼べるほどのことでもないちょっとした出来事。誰かが、警察が俺の仲間を集団で殴っている様子をビデオで撮影してそれが出回った。もちろん俺は怒ったし仲間たちとも一時期その話題で持ちきりだった。だがよくあることだ。そのまま過ぎ去っていた可能性だってある。でも今回は違った。その数日後、今度は別の仲間が銃で撃たれた。しかも15歳の少女だ。何かが俺の中で変わって、それはもう止めることができなかった。当然殺人犯は逮捕されたが、裁判の結果はほぼ無罪。そしてあのビデオに映っていた警察官たち。テレビで中継された判決は二度と忘れられないだろう。近くのバーで仲間たち(と言っても今まで会ったことも話したこともなかったが)と見守る中、一人一人の名前が呼ばれ、判決が言い渡される。1人目、無罪。2人目、無罪。隣の人が無言で席を離れた。3人目、無罪。4人目、無罪。テレビの中では皆抱き合って笑っている。正義。頭の中に浮かんだこの二文字はだんだんと声を大きくして反響しだし、気づくと俺はこの言葉を反芻していた。正義。この国の正義。法治国家の下に存在するはずの正義。それがこの国にはないとしたら。俺たち自らが正義を下すしかない。仲間の苦しみをあいつらに、あいつらの仲間に思い知らせてやる。正義の声は、俺の中で、仲間の中で、この街の中で急激に高まった。

ヘリコプターの墜落事故。私たちの大統領が乗った飛行機が墜落して、彼亡くなったの。それが事故だなんて、信じられる?絶対あいつらの仕業よ。あいつらの仲間が今紛争を仕掛けてきてるでしょ?隣の国から。きっと一気にこの国を乗っ取ろうっていう魂胆なんだわ。まあ、考えてみれば当然よね。この国では昔は私たち彼らを奴隷として使ってたんだし、今だって数では少数で差別されてるし。ずっと恨みを持って機会を伺ってたのよ。でもこっちとしてはたまったもんじゃないわ。この国は私たちのものなの。乗っ取られる前に、あいつら全員駆逐しないと。先手を打たないと私たちが殺されてしまうもの。

ついに終わった。長年の圧政の時代。自由だ。僕は敵軍、いや、僕たちを解放してくれた自由の戦士たちを笑顔で迎え入れた。やっぱり政府の言っていたことはでたらめだ。人種、宗教は違えど、皆良い人じゃないか。彼らがこの国を一から変えてくれる。民主主義、腐敗のない政府、貧困の解消。彼らの国のように、僕らだって変われるはずだ。1週間前、そんな希望に溢れていた僕は何もわかっていなかった。三日前、僕は学校に行けなくなった。窓が割られ、机、椅子、コンピューター、持ち出せるものは全部持って行かれた。彼らに?いや、近所に住む仲間たちが犯人なんだ。でもわからなくはない。皆長い間腐敗した政府に苦しめられ、貧しい中生きてきた。国が崩れた今、国の所有物を奪って何が悪い?学校だけじゃない。政府の建物、博物館、図書館。公共のものは全て盗まれた。正直に言えば、僕も盗んだ。別にものに困っていたわけじゃない。でも、象徴なんだ。国への復讐だったんだ。でも…今日、学校が燃やされた。そこまでする必要はないじゃないか。僕はこれからどうやって勉強して行けば。この国を新しく変えるんじゃなかったの?みんなきっと歯止めが効かなくなってる。だって誰も止める人がいないんだ。彼らが何もしないから。彼らは武器を持っている。止めようと思えばいつでも止められるのに。僕の学校に火をつけた人々をただ見ていたんだ。見ていただけじゃない、笑いながらもっとやれって感じで声をかけてた。彼らにとって、結局僕らはどうでも良いんだ。自分たちにとって利益になる石油タンクだけはしっかり守るくせに。こんなことになるなら、圧政の下でも平和だったあの時代に戻りたい。

アメリカ、ロサンゼルス、1992年。ルワンダキガリ、1994年。イラクバグダッド、2003年。人間という種は本当に悲しい生き物だ。ちょっとしたきっかけさえ与えればすぐに互いを殺しあう。そして何も学ぼうとしない。ロサンゼルス、黒人たちは白人を襲撃し始めた。白昼の道路で堂々と。警官たちは逃げて何もしなかった。次第に行為はエスカレートして白人、韓国系の店は次々破壊され盗めるものは全て盗まれ火をつけられた。そんなアメリカがイラクに行って、全く同じことを許したというのにはさすがに驚いた。アメリカは自軍に何もさせないばかりかイラク国軍を解体。公務員を全員解雇。誰も街を守るものはいなかった。地球に来て長く経つが理解できない。人間はなぜこの星で繁栄しているのか。まあ、我々にとっては好都合だ。ほんの少し手を加えるだけで、種の絶滅を研究しながらこの美しい星を手に入れられるのだから。さて、次のターゲットはどこにしようか。決めた。日本だ。日本にしよう。さて、どんな事件を起こそうか。