早坂有生のYALE

2016年にYale(イェール、エール)大学に学部生として入学した日本人、早坂有生のブログです。大学での出来事やアメリカ大学出願のことなどについて書いていきます。ご質問、ご要望、ご連絡は記事へのコメント(非公開設定です)にお願いします。

ブログを電子書籍にしました

お久しぶりです!

5月にYaleを卒業してから何をしていたのかというと、このブログを元に電子書籍を作っていました。この度ついに1冊目が完成したので、Amazonで販売を開始しました!ブログ記事を元に大幅に加筆・修正を加え、アメリカの大学生活や授業についてより詳しくわかりやすく書いてあります。Kindle Unlimitedに加入していればタダで読めます。

新型コロナウイルスの流行により、海外の大学について知りたくても、現地まで見学に行くのは難しくなってしまいました。その代わりとして、海外大を目指している方や、国内外どちらの大学も検討している方に、現地に行かなくてもアメリカの大学について知ることのできる本を提供したいと思って作りました。
読んだりシェアしたりしていただけたら嬉しいです!!

このブログはこのまま消さずに残します!ただ、もうYaleは卒業したので、更新はほとんどしないと思います。ちなみに、9月からは日本で働いています。

今までブログを読んできてくださった読者の皆様、ありがとうございました!!!

続きを読む

Yaleで面白かった授業ベスト5

Yaleの4年間で僕が履修した授業は全部で37個。今回は、そのベスト5を発表したいと思います。

ランキングのポイントは
1. 知的好奇心という意味で面白かったか
2. 教授の教え方がうまかったか
3. 授業によって自分の考え方や価値観が大きく変わったか
の3つ。

思えばYale入学当初は一応物理専攻の予定でした。それがいつのまにか完全に文系の専攻を選び、物理の授業は一年生の一学期に取った宇宙物理の一個しか取っていません。色々な出会いや経験によって興味が絞られていきましたが、やはり4年間で取った授業はとても影響力のあるものでした。そんな中5つを選ぶのはとても難しいですが、上記の条件に沿って評価しました。

先にまとめを書いておくと、5つの授業はどれも単なる知識ではなく、学問的なアプローチ手法や社会問題の考え方、価値観を教えてくれた授業であり、そこから学んだ、社会へのアプローチの仕方はその後の授業や普段の生活の中で僕に多大な影響を与えているという点で共通しています。レクチャーを一方的に受けて期末試験をして終わり、ではなく、膨大な量の課題図書を読み、ディスカッションに参加し、ペーパーやReading responseを通じて自分の考えをアウトプットするスタイルだったからこその結果だと思います。僕のYaleやアメリカに対する考えは4年間で上がったり下がったりでしたが、やはり授業の素晴らしさはずっと変わらずすごいと思います。

第5位: History of Reproductive Health in the US
4年生の春学期に取ったHistory of medicineの授業。医療という視点からアメリカの人種や移民問題、植民地政策の歴史を学びました。週二回のレクチャー+週一回のTAによる少人数のセクションという形でしたが、特にセクションのTAが良い人で、授業に出てきた問題の解決策として実際に行われていることについて紹介してくれる等、授業の復習にとどまらないセクションをしてくれました。

授業を履修するまで、医療とは絶対的に良いものであり、人種問題等の社会問題と結びつけて考えたことがあまりありませんでしたが、この授業を通じて社会問題と医療が様々な面で深く結びついていることを学びました。コロナの状況下でも、一連の医療問題を固有の問題ではなく長い歴史の中に位置付けて見られるようになったかなと思います。

続きを読む

4年生春学期授業振り返り

3月中旬に授業のオンライン化が決定し、それ以降は帰国し家で授業を受けていましたが、先日最後の課題を提出し、今学期、4年間のYaleでの最後の学期が終わりました。本来であればこれから2週間ほど休み期間があり、5月中旬に卒業式という形でしたが、コロナウイルスの影響によりそれも中止なので、実質最後の課題の提出がYaleの卒業というような形になります。このブログでも記してきた通り、4年間色々なことがありましたが、まずはいつも通り今学期の授業を振り返っていきたいと思います。

今学期はオンライン化の影響で途中で授業形式や課題の内容が変更になった授業も多くありました。また、もう1つ大きな変化として、全ての授業がUniversal Pass/Failという成績評価のシステムに変わりました。普段はAからFまで(1-4)の段階評価ですが、オンライン授業はインターネットやパソコン、授業を受ける環境等学生によって不平等な部分が出るため、全員が合格か不合格という評価評価をされることになったのです。この評価制度をめぐっても、最初大学側は希望する生徒のみこのPass/failシステムに変えられるという形にしようとしていましたが、学生からの反発の声、署名活動、投票の結果を受け、全員一律でPass/failシステムにすることが決定されました。

ということで、普通に授業を受けて課題を提出すれば落第することはないので、気は楽でしたが、その分教授や学生のやる気も若干下がっていたかなという今学期の授業を振り返っていきます。

1. ARCH 341 Globalization Space
資源、交通、技術、電気など多岐にわたる建造物やインフラについて様々な学問分野の文献を通じて学際的に学ぶ授業でした。なぜクレジットカードのサイズは全世界共通でどこでも使えるのか?建造物の破壊が生み出す可能性とは?エネルギーと植民地時代の影響とは?など色々な世の中の当たり前の裏側を学ぶことができたと思います。道路や建物は物理的に硬く動かないものですが、その存在自体が人の生活に様々な影響力を及ぼす可能性を秘めているという点が面白かったです。

続きを読む

イエール大学心理学教授がオススメするコロナウイルスに立ち向かう4つの方法

春休みが明け、オンラインでの授業が始まりました。社会心理学(Social psychology)の最初の授業は、コロナウイルスについて。社会心理学的見地から、コロナウイルスに関連する人々の行動、そしてこれからについての分析をしていました。今までに授業で習ったことを鑑みた僕の考えも合わせ、4ポイントに分けて紹介したいと思います。

1. 情報は集めろ、しかし集めすぎるな
人には自分の予想、予測が実現するように無意識に行動する習性があります(self-fulfilling prophecy)。ある学校の先生に、ランダムに選ばれた生徒の嘘のIQを教えた上で授業をしてもらったところ、高いIQを持っているとされた(実際のIQではなく)生徒のテストの点数が低いIQを持っているとされた生徒より高かったという有名な実験があります。先生はIQが高い生徒の方が勉強ができるという自身の予想を実現するために行動(高いIQだとされている生徒により指導する等)したのです。

コロナウイルスにおいては、例えば中国人が感染源だと思った人はそういった情報を多く集めようとしますし、トイレットペーパーの買い占めが起こると思った人はそういった情報を拡散し、また買い占めという行動をとります。こういった自分が思ったことが必ずしも正しいわけではないと気づくためには、情報の収集が不可欠です。

一方で、四六時中ネットやテレビのニュースに張り付くことは精神的に逆効果となります。人には長時間かけて考える論理と短時間で決断・結論づける直感の機能が備わっていますが、直感は短時間で決断する故のエラーが存在します。その一つがAvailability heuristicと呼ばれるもので、たくさんある情報の中で目の前にある情報のみをもとに判断を下してしまうという性質です。例えば、5人の被験者に協力して車を押してもらった後に、自分の車を押すという行為への貢献度を問うと、20%より高い数値を答える人が多いという実験結果が出ました。自分の貢献度が他の人より高いと皆思ったということです。これは被験者たちが車を押すときに見えていた、車を押す自分の手という目の前の情報をもとに貢献度を判断した結果です。

続きを読む

Yale大学のコロナウイルス対策

春休みになりましたが、コロナウイルスがついにアメリカでも猛威を振るっています。春休みに入って数日経った3月10日夜9時、学長から一通のメールが。そこには春休み以降4月上旬まで全ての授業がオンラインに移行すること、そして一部の例外を除いて学部生は寮から近日中に退去することが記されていました。僕はオフキャンパスに住んでいるので、退去する必要はなく、4月に授業が再開されるのか、ずっとオンラインのままで卒業式等も行われないのかの判断が下ってから帰国するかどうか考えようと思っていますが、寮に住んでいる人たちは大変です。ハーバード、MIT、コロンビアなど他の各私立大学も似たような状況らしいですが、Yaleのポリシーの詳細について解説したいと思います。

追記(3/14):本日Yale大学関係者に初のコロナウイルス感染者が確認されたことを受け、学長から授業のオンライン移行・寮からの締め出しを春学期末まで延長すること、無期限で医療機関などを除く大学施設を閉鎖することを決定したというメールが届きました。卒業式はまだ開催するか決めないらしいです。図書館なども閉まってしまい、あまりYale付近に残る意味がなくなってしまったので、いつ帰国するのか、再考する必要がでてきそうです。

続きを読む

ネイサンチェンのパフォーマンスついに鑑賞

春休みになりました。卒論の草稿も提出し、のんびりした休みを過ごせそうです。四年生だし旅行に行こうと思っていたのですが、コロナウイルスを考えると大人しくしていようと思います。

さて、先日あのネイサンチェンのパフォーマンスを見て来ました。Yale大学に入学したということは聞いていましたが、本当にいるのだろうかと思っていたところ、フィギュアスケートの学生団体の発表会に彼がゲスト出演するという情報をゲットしました。Facebookのイベントページの詳細のところにだけ小さく書いてあるのを発見したのです。しかも無料で誰でも見ることができるとのこと!

続きを読む

YALEのヒミツ〜周辺のレストラン編

後1週間で春休みということで、最後の学期も半分が過ぎようとしています。卒論の草稿の締め切りも春休み前で近づいてきており、さらに中間テストやペーパーも来週締め切りのものが多いです。そんな忙しい時は美味しい料理を食べたくなりますね。ということで、今回はYale周辺にある様々なレストランを僕の独断でランク付けしたいと思います。軽食やブランチを楽しめるカフェは除いているので、それは今度カフェ編で紹介したいと思います。

僕は三年生までは基本寮の食堂で毎食食べており、今年度は基本家で自炊しているので、そもそもあまり外食しません。そのため、行ったことのあるレストランは限られており、さらに食堂や自炊では食べられないアジア系の料理に偏っていることをご了承ください。

Yaleの近くのレストランは、南北に細長い大学の南側、街の中心部に集中しています。大学からは歩いて1-4ブロックくらいの間にあるので、徒歩で十分いける距離で便利です。

それでは、ランキングに参りましょう。第5位からの発表です。
第5位:Anaya, Noodle Shack
↓Anaya
f:id:yukihayasaka:20200229155115p:plain
↓Noodle Shack
f:id:yukihayasaka:20200229155337p:plain
Anayaは普段は寿司などの日本食、金曜土曜日曜の夜10時からはMidnight Ramenというラーメンを提供しているレストランです。Noodle Shackは最近できたラーメンやフォーなどアジア系麺系の店なのですが、Anayaとオーナーが同じらしく、ラーメンのメニュー・味はほぼ一緒なため同立で5位へのランクインとなりました。イエールの周辺で食べられる寿司は基本的に美味しくないので、Anayaにも深夜にラーメンを食べに行ったことしかありません。どちらの店も10 Hour Broth Ramenという鶏系の10時間かけて作ったスープのラーメンが看板メニューです。スープは美味しいと感じる時もありますが、麺は伸びていることが多くあまり美味しくありません。日本から持ってきたインスタント麺の方が美味しいと思います。Noodle Shackのフォーは普通の味がします。

続きを読む

YALEのヒミツ〜バーテンダーの授業編

イェールには、バーテンダーになるための授業というものがあり、誰でも無料で受けることができます。入学前、イェールの先輩のブログでその存在を知り、ずっと興味があったのですが、定員が限られておりすぐに満杯になってしまうため、今まで受けることができずにいました。しかし!予約受付開始と同時に申し込むことで、今回ついに受講することができました。その様子をご紹介したいと思います。
バーテンダー実践講習の会場
f:id:yukihayasaka:20200211124941j:plain

バーテンダーの授業は座学と実践の二部構成になっており、人気の実践を受けるためには、事前に座学を履修する必要があります。座学は2時間程の講義で、人体がアルコールをどのくらいで消化するのか、飲み物に含まれているアルコール分をどのように計算するのか、といったことだけではなく、お客さんの酔っている度合いをどのように判断し、それに合わせてどのように接するべきかといったことも、ビデオでのシチュエーション別シーンを見ながら考えます。バーテンダーはカクテルを作りお酒を振舞うことのみが仕事なのではなく、バーの雰囲気を作り出し、お客さん皆が気持ちよくその空間・時間を楽しめるようにすることも仕事なのだということを学びます。

続きを読む

4年生春学期の授業

Yale最終学期となりました。最後だから…ということで、「今まで取る機会がなかったけど取ってみたかった」という分野の授業が多めになっています。

↓1週間のスケジュールはこんな感じです。
f:id:yukihayasaka:20200129050939p:plain

1. ARCH 341 Globalization Space
週二回のレクチャー、受講人数は100人くらいです。グローバル化とは何なのかを建築的な視点から考える授業です。建築科の授業を取ってみたいと思っており、その中でも面白そうだったので履修を決めました。

続きを読む

Ethnicity, Race and Migration専攻

僕の専攻、Ethnicity, Race, and Migration(以下ER&M)ですが、何それ?と思う方も多いかなと思い、今更ですが専攻についてその内容、卒業に必要な単位について等紹介したいと思います。

ER&Mはイェールで1999年に設立された学部生のための専攻で、今では毎年30-50人くらいがこの専攻で卒業します。日本では○○学部△△学科という形が多いかもしれませんが、イェールでは学部(department)と○○専攻(major)は一致しているわけではありません。学部(department)は大学院生用のプログラムを有しているもの(political science, anthropology, math,...)を差し、教授の任命権など、権限が大きいのに対し、ER&Mはプログラム(program)という位置づけで、権限があまり大きくはありません。しかし、学部生の専攻としてはdepartmentであろうとprogramであろうと同等の専攻(major)です。

このER&Mという名前はイェールに特有のものですが、アメリカ全体としてはEthnic Studiesという学術的分野に相当します。(日本語の民俗学とは意味合いが異なります。)元々は1960年代、大学に進学した黒人たちが白人の教授による欧米至上主義の授業しかない状況に異議を唱え、自分たちのルーツを自分たちの人種の視点で学べるような環境を作るよう大学側に働きかけ、それが各地に広まったことがきっかけで誕生しました。

続きを読む

4年生秋学期授業振り返り

最後の一年の前半が終わりました。今学期は久しぶりに筆記テストのある授業を受けると同時に、卒論も書き始め、12-15ページのファイナルペーパーも3枚あるラスト1週間でした。一年生の最初の頃は3ページのリーディングレスポンスに1週間かかっていたと思うと、4年生になったのかなと思います。振り返っていきたいと思います。

1. ANTH 300 Primate Behavior and Ecology
霊長類についてのレクチャースタイルの授業で、仮説を立て予想し実証するという科学のアプローチの基本から、進化論の様々な派生と最新の研究、各サルの分類と特徴などを学びました。Distributional requirementを満たすためにScienceに分類される授業をあと一つ履修する必要があったため受講しましたが、文系科目とは違うようで似ているアプローチの仕方、考え方もあり面白かったです。ニューヨークのブルックリン動物園へのクラストリップがあったり、毎回授業開始5分間は教授主導の瞑想の時間だったり、面白い授業でした。

続きを読む

伝統の一戦 Yale X Harvard

日本でいう早慶戦のように、アメリカにもライバル校による伝統の一戦というものがあります。イェールはハーバードが永遠のライバルです。そしてここはアメリカ、戦うのはアメリカンフットボールです。毎年11月にイェール、ハーバードの会場(大学がアメフト場を所有しています)を交互に使用して行われるこの伝統の一戦、今まではあまり興味なく行っていませんでしたが、今年はもう最後の機会でありちょうどイェールの会場で行われるということで、行ってきました!

イェールの学生だけでなく、ハーバードからも多くの学生が応援しに、さらには両大学のOBOGも多く観戦に訪れます。チアやブラスバンドもいて盛り上がります。席は自由なので、かなり前の方で観ることができました。
f:id:yukihayasaka:20191214154202j:plain
詳細なルールはよくわかりませんが、少しずつ前進し、一番端のゾーンにトライすると点が入ります。前半終了時点では20点差くらいでイェールが負けている状況でした。あ〜という感じでハーフタイムになり、ピザを買いに行って戻ってくると…
f:id:yukihayasaka:20191214154237j:plain
ピッチに座り込み、警察に取り囲まれている人々がいます。

続きを読む

Yale流自己分析の方法

大学卒業後の進路を考える上で、自己分析は大事だとよく言います。就活においても、自己分析をしましょうとよく本やネットに書いてありますね。その一方、具体的にどのように自己分析をすれば良いのかというのはなかなかよくわかりません。僕の場合、3年生の頃自分の興味や将来やりたいことを見失ってしまっている時期があり、自己分析をするのが良いのだろうと思いながらもその方法がよくわからず彷徨っていました。そのような状態から脱するきっかけとなったのが、Yaleで開催されていたセミナーでした。これは授業とは違い、学生のイノベーションや社会奉仕活動を支援するために設立された大学の機関が開催していたもので、「社会のために何かしたいけど何をどうすれば良いのかわからない人」に向けられたものでした。このセミナーで教わった自己分析の方法により、自分の核となっている部分を言語化でき、その後卒論のテーマを思いついたり就活をしたりする上でとても役立ったので、今回はそんなYale流自己分析の方法について書いてみたいと思います。

とはいっても、やることはかなりシンプルで、以下に挙げるいくつかの問いに対する答えを考え、書き出すのみです。

1. 自分が不正義(injustice)を経験したり、感じたり、目撃したりしたのはいつか?その経験において何が自分を感情的にさせたか?
「不正義」は不公平だと思ったこと、ずるいと思ったこと、自分の定義で構いませんし、その内容も身の回りの小さなことでも、世界的なことでも、小説やドラマ上のことでも大丈夫です。自分の人生を振り返り、思いついたことを列挙していき、それぞれについて何故自分はそれを不正義だと思ったのかも考え書きます。例えば、僕の場合すぐに思いつくのは「ウルトラマンで友好的な宇宙人が人間から迫害され死んでしまった時」等ですが、じっくり考えると他にもYaleで会った人が言っていたこと、授業で思ったこと、自分自身が経験したこと等色々とあります。

続きを読む

卒業論文の書き方

4年生ということで、専攻を修了するためには卒業論文を3月までに提出する必要があります。僕の専攻、Ethnicity, Race, and Migrationではいくつかオプションがあり、卒論を書かないオプションもあるのですが、僕は「一年かけて卒論を書く」という選択をしました。今年の夏にタイと日本にて行ったフィールドワーク、インタビューを元に、最終的には45-60ページの論文を書きます。秋学期には「卒業論文の書き方」というようなセミナーが僕の専攻の授業でオファーされており、今はその授業の中でどのような手順で研究を形にし、執筆していくかということを学びながら実際に書き始めています。予定としては今学期中にLiterature Review (先行研究の分析)のパートを書き終わり、来学期残りの部分を書くという感じです。今回は、卒業論文をどう書いていくのか、そのプロセスについて紹介したいと思います。

それでは、フィールドワークなど、データを集める研究パートを既に行ったとして、それを論文にする作業を順番に見ていきましょう。
1. 研究のテーマ、疑問、重要性を明確にする

続きを読む

国に属さない人々その名はゾミア

私たちは皆国に属しています。最近も芸能人の脱税が発覚して話題になっていますが、脱税が問題になるのはそれが国民としての義務だから、つまり我々が国に属しているからです。今の世界は国家の集合で成り立っています。日本、アメリカ、イギリスといった国家により、陸地には全て国境が引かれ、国家でない陸地は南極を除いて存在しないように思います。しかし!東南アジアには国に属さない地域、ゾミアと呼ばれる場所があるのです。近現代の国民国家制により、国に属せない難民のような存在も生まれてしまっている訳ですが、一方でゾミアには自ら国に属さないことを選ぶ人々がいるのです(という主張をしている教授がイエールにいます)。国ではない陸地とはどういう意味でしょうか。国に属さないとはどういうことでしょうか。先日の東南アジアのセミナーで議論したことを書いてみたいと思います。

James Scottというイエール大学の教授は、東南アジアは元来高地・山地に住む人と平地に住む人に分かれてきたと主張します。近代的な国家の成立以前から、国家が成立するのは平地であり、常にどの国家にも属さない高地が存在してきました。それがゾミアと呼ばれる地域です。
↓ゾミアを示した地図。東南アジアの広範囲に広がっています。
f:id:yukihayasaka:20191027045332j:plain

山に住む種族というと、何となく野蛮で近代化していないというイメージがあるのではないでしょうか。映画でも、よく山の民に助けを求めに行くというようなシーンがありますが、だいたい近代種族との関わりは薄く、暴力的で凶暴で力がすごいけどあまり技術は発展していなく頭も悪いというような描かれ方をしますよね。
↓映画『キングダム』に登場する山民族。高度な技術を持っている設定ですが、見た目や戦い方などは上記と一致しています。

f:id:yukihayasaka:20191027050033j:plain
しかし、スコット教授はこれは平地で発達した国家が作り出した幻影であり、実際は「山の民」は「近代国家の繁栄から取り残された民族」ではなく、平地と高地の間には昔から人・物・文化の交流があり、両者には密接な関係があるのだと主張します。

続きを読む