読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早坂有生のYALE

2016年にYale(イェール、エール)大学に学部生として入学した日本人、早坂有生のブログです。大学での出来事やアメリカ大学出願のことなどについて書いていきます。

ウルトラマンのヒミツ〜日本の宗教編

ついに宗教&SFのセミナーのペーパーも提出し、中国語の期末試験も終わり、残るはAstrophysicsのpsetのみとなりました!月曜日に帰国するので、土日で終わらせて荷造りなどもする予定です。今日はスターウォーズの番外編のローグワンを観てきました。公開初日ということでほぼ満員でした。一ヶ月くらい前にスイートで見たイップマンの主役だった香港のスター俳優が出ていてかっこよかったですが、アジア人でひとくくりにされている感じもしました。二人中国人俳優が出てきますが、念仏のようにフォースと共にありと唱えたり、剣道の防具を身につけていたり、盲目の剣士で座頭市みたいだったり、アジアのちょっと不思議でアメリカ人にウケそうな要素をとりあえず入れたような印象でした。実際事あるごとにウケていたので狙いは成功していたと思いますが、もっとかっこよく描いてくれれば良いのに、、と思ってしまいました。

さて、今回は宗教&SFのペーパーのテーマにした、ウルトラマンと宗教について書きたいと思います。ウルトラマンといえば!日本人なら誰でも知ってる日本を代表するヒーローです。
ウルトラ兄弟!!今では合計40体くらいのウルトラマンがいます。
f:id:yukihayasaka:20161217181041j:plain
このアンケート結果からもわかる通り、全年代から愛されています。僕がウルトラマンが好きな一番の理由は、ストーリーがただの勧善懲悪ではなく、悪いのは怪獣でも宇宙人でもなく人間である場合が多くて、人間の性や問題について深く考えさせてくれるからです。また、宇宙から地球の平和のために来たヒーローなので、自然と見る側の視点も人間対宇宙人というように、日本人ではなくこの地球に住む人間という種としてのものになります。僕の人間観や世界観の根底には、このウルトラマンの視点の甚大さがある気がします。

しかし、冷静に考えてみると、ウルトラマンはとても特徴的なヒーローです。巨大で、宇宙人で、普段は人間と一心同体となって行動して、特に理由もなく人間を守ってくれて、人間のせいで現れることの多い怪獣を人間の代わりに退治してくれます。アメリカのスーパーヒーローのほとんどは人間が変化したやつか宇宙人だが人間の顔をしているやつで、悪人や戦争や悪い宇宙人からアメリカや恋人を守るために戦うことを考えると、ウルトラマンユニークさが際立ちます。ウルトラマンがアメリカでは人気にならなかった理由もこのユニークさにある気がして来ます。

ではなぜこの特徴的なヒーローが日本では受け入れられ愛されているのか?
ペーパーでは、ウルトラマンが宇宙人然としていること(巨大さ、人間ではない顔など)、ハヤタ隊員と一体化し地球の平和を守ることに決めた理由が劇中では語られないこと(第一話で、逃走した怪獣を追ってたまたま地球に来たウルトラマンは、たまたまハヤタ隊員の乗るジェット機に衝突しハヤタを死なせてしまいます。ウルトラマンはハヤタに謝り、一体化することで命を救って、また地球の平和のために戦いたいと急に言い、ベータカプセルを渡して高笑いします)、存在自体は悪ではない怪獣をウルトラマンは殺していること(怪獣の多くは太古の昔からその地に生息していて、人間の環境開発などの活動により住処を破壊されたり目覚めたりし、その巨大さや高熱などの身体的・生物的特徴が結果的に街の破壊につながります)、の3つの特徴について考察し、なぜ日本人がこれらの設定を受け入れたのか、宗教に注目して議論しました。宗教的な概念を英語で説明するのが特に難しかったです。。

僕は日本に根付く神道的な神様の概念や、仏教が土着化して生まれた日本特有の阿弥陀様の考えを持ち出し、結論を出しましたが、色々他にも考えられると思うので、皆さんも是非ウルトラマンを見て考えて見てください!ちなみに僕のオススメは第一話「ウルトラ作戦第一号」、第十五話「恐怖の宇宙線」、第二十三話「故郷は地球」、第三十話「まぼろしの雪山」、第三十五話「怪獣墓場」です。ちなみに初代ウルトラマン以外のウルトラシリーズでは、ウルトラセブン「狙われた街」「ノンマルトの使者」「第四惑星の悪夢」、帰ってきたウルトラマン「悪魔と天使の間に…」「怪獣使いと少年」あたりでしょうか。しかしウルトラセブン以降、ウルトラマンが人間を守るのに明確な理由が付き、その理由の是非を問うような作品が名作と言われるようになります。それもそれで考えさせられますが、初代ウルトラマンの、阿弥陀様のような絶対的な救いの概念が、人間の悪い部分が引き起こした怪獣という自然神の災害をおさめてくれるという話の構成も唯一無二の存在としてとても重要だと思います。そこから来る、怪獣の苦しみ、怪獣と戦わなければならないウルトラマンの苦しみが伝わって来るのが初代ウルトラマンだと感じました。

ペーパーを書くためにウルトラシリーズの色々な作品を見直し、やはりこのような話を作ることができるのは日本人の素晴らしさだなと改めて思いました。ただ、僕がウルトラマンについて色々言っても、日本だと皆あまり相手にしてくれませんでした。それに対し、アメリカでは教授にテーマを相談しに行くととても面白そうだねと言われ、セミナーでプロジェクトについてプレゼンテーションをすると授業後学生たちが真面目な質問をしてくれます。 まあ日本でもどちらにしろ同じ授業があったら同じようなテーマを選ぶ気がしますが。来学期また特撮関連のエッセイを書くのか、また新しい興味が増えるのか、今から楽しみです!では!